SteelSeries Arena 9レビュー:ゲーミングPCに5.1chサラウンドサウンドを復活させる



SteelSeriesの実力

昔々、デスクトップPCのスピーカーは重要なものでした。それは10年以上前のことで、ゲーミングヘッドセットが普及し、ワイヤレスBluetoothヘッドフォンが普及するずっと前のことです。2000年代前半は、デスクトップPCを机に繋いで使う人が増えていたので、まともなオーディオに少し投資する価値がありました。SteelSeriesの新しいArena 9サラウンドサウンドPCスピーカーは、私がLogitechの伝説的なサラウンドサウンド・スピーカーZ-680を接続するために寮の部屋中に熱心にケーブルを張った、その時代を思い出させるものです。(近くに住んでいた人には申し訳ないですが。私は事態を穏便に収めようとしたのです、誓います!)


圧倒的な没入感

幸いなことに、現在ではサラウンドサウンドを実現するのはそれほど難しくありません。550ドルのArena 9はUSBで接続するので、専用のサウンドカードを心配する必要はありませんし、ワイヤレスのリアサテライトを備えているので、電源と互いに接続するだけでいいのです。フロントスピーカーに何かを繋ぐ必要はありません。これは大きな痛手であり、ケーブルが苦手な人にとってArena 9ははるかに現実的な選択肢となります。しかし、ゲーミングヘッドフォンの方が安価で、没入感があり、隣人にも優しいのに、サラウンドサウンドシステムを設置する価値があるの

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。